2006年09月13日

繕い

ひんやりとした雨の一日。

ご来院の方も少なく、静かな時間を頂戴しました。

こんなときは、先師のご遺訓を紐解き、

心たむけることが理想とされるところですが

お寺の備品の修繕に勤しみました。

「形あるものが、やがて壊れていくことは、

世の常」といえますが、

その経過時間を緩やかにすることは

使う側の心がけで大きく左右されます。

作業中ふと

お釈迦様が着古した衣を、生活の道具として

様々に活用され、お手洗いの雑巾とした後

細かく裂いて、塗り壁の補強材にされた話を

思い出しました。

しかしこの頃は、繕った服や靴下を見かけることも

めっきり減り、雑巾までが水をはじく真新しい布で

作られ販売されています。

案外、「繕(つくろ)う」

という言葉も死語と化しているかもしれません。

(試しに、息子に尋ねてみましたら・・。言葉を失いました)

Canvas_2 「使用不可能」でなく

「不要」という

観点が中心となり、

物を捨てる時、

同時に心をも

捨て去ってしまうことに気付かされます。

先程も調子の悪くなった機械を修理のために

電気屋さんへ持って行きましたら

「直すより新しいものを、

買ったほうが安く付きますよ」

と言われ、困惑いたしました。

迷った挙句、修理を依頼しましたが

無駄遣いだったのでしょうか。(未だ答えは出ず。)

しかし、機械物って保障期間が過ぎた頃

それを知っているかのごとく壊れてしまうのは

何故なのでしょう?(私のところだけ??)

それだけ高品質ともいえるのでしょうが、

この品質の高さはいただけませんね。

とにかく、折角出合ったお道具。

愛着を持って大切に使わせて

頂きたいと思います。

あ〜勿体無し。勿体無し

posted by jsj at 15:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 憂い
この記事へのコメント
我が家では、ソックスは繕い、下着のゴムは入れ替え、
クツの踵に底は張り替え、磨きも怠り無く、
鞄の手入れもし、服も流行の無い物が好みで(カスミヤ反対!!)着回し、
愛着ある食器が割れても捨てきれず(金繕いを
習いたい)の暮らしです。
一番の自慢は結婚以来、28年間天ぷら油を
捨てたことがないのです。
始めに良いオイルポットを買ったのとフィルターの
お陰です。
そんなにしていても、たぬきの木の葉は溜まりません。 
これを言うからダメ?
Posted by キャロルズ at 2006年09月14日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487095

この記事へのトラックバック