2007年01月12日

枕経 (まくらきょう)

Cimg0481  早朝、枕経の連絡あり。

 (枕経:

  一般にはご遺体の

  枕元で読経する事)

その方は、未明に亡くなられましたが

喪主さんが気を使い、朝まで待たれてのご連絡。

普段は夜10時から朝7時ごろまで

来院者や電話が鳴ることはありませんが

どなたかが亡くなると、まさにその時刻に

連絡が入ります。

(電話とインターフォンに

おびえる時間帯ともいえますが・・・・。)

しかし、どうして人は夜亡くなる事が多いのか?

不思議です。

生まれる時も、昼日中より夜中が多いような

気がします。自然の摂理なのでしょうか。

さて、冒頭に「枕経の解釈の一般論」を

示しましたが、浄土真宗に於ける枕経は、

「亡くなる前」が正式とされます。

亡くなる方に意識があれば、

共にお念仏させていただき

その気力すら無い場合は、手代わりとして

お仏壇の前で、生前中お支え下さった

阿弥陀様に家族そろって、御礼をし

臨終法話をお聴聞します。

但し、自宅で亡くなる事が難しくなった今、

ご遺体が家に帰られてから、お勤めすることが

多くなってきました。

かつて

「遺体が、ぬくい(温かい)うちに、早来て」と

おっしゃった喪主さんが、おられましたましたが

そこまであわてる必要はありません。

それより、元気なうちにお聴聞をこころがけ

自身の行く先をはっきりお聞かせいただくこと

大切です。

とはいえ、枕経の後、儀式の打ち合わせを

行いますので、お身内の方がご逝去されましたら

時を厭わず、お寺にご一報くださいませ。

【お聞かせいただくの最新記事】
posted by jsj at 15:24| Comment(2) | TrackBack(0) | お聞かせいただく
この記事へのコメント
御正忌の日にちを知りませんで、本当の忌日を知りたいと思いグーグルを開きましたら、このブログに辿り着きました。
これから読ませていただきます。
よろしくお願いいたします。
Posted by うめぼしカルメン at 2007年01月13日 16:26
うめぼしカルメン様
ご来訪有難うございます。
お寺で起こる些細な事を綴っていますので
これからもお気軽にお立ち寄りくださいませ。
Posted by 釋智見  at 2007年01月14日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487218

この記事へのトラックバック