2007年03月20日

北枕と寝相

私は子どものころから

寝相が悪い。。。Sleep_1

目覚めた時、 

枕が足元に

あることもあり

ベットより布団の方が

安心して眠れます。

寝相について、睡眠学をはじめ

色々と研究が進められているようですが、

寝相が悪いことは、周りに寝ている者に

被害を及ぼすことさえなければ、

悪いことではないようです。

睡眠によるエネルギー保存説を除き

心身の回復を図ることへの一助となります。

さて、お経にも頭北面西右脇

(づほくめんさいうきょう)と

いう言葉が示されています。

頭を北に、顔を西にむけ右脇が

床に付いた姿勢を表しています。

まさにお釈迦様の涅槃絵に描かれたお姿。

ただし、この姿はお釈迦様が涅槃に入られた

後でなく、それよりも前にその姿勢に

なられたことに意味があります。

地軸の影響を考慮されたとする説もありますが

実際にその姿勢をとれば、すぐ体感できます。

心臓が上にくる為、呼吸がしやすく

圧迫感がありません。

しかもインドという熱い国で

エアコンが無い時代であればなおのこと。

頭寒足熱。 快適な姿勢なのです。

誰ですか?

「北枕は、縁起が悪い」などと

寂しいことを言っているお方は。。。。

仏教徒は、仏法というお宝をお説きくださった

お釈迦様をお敬いする心を示すため

ご遺体をお釈迦様涅槃の姿勢と同じくするのです。

生きているときなれば、なお結構なことです。

経典には寝姿の区別が示されたものもあり、

戒律でそれを定めている宗旨すらあります。

獅子臥(ししが) 右脇を下に(釈尊涅槃の姿)

貪欲臥(とんよくが) 左脇を下に

餓鬼臥(がきが) うつ伏せに

修羅臥(しゅらが) 仰向けに

Cimg0022_1私や家族の寝相に

尊さなどは、

微塵もかけらも無く。

お経に説かれている

世界からは、遠くかけ離れています。。。。

(右脇だけ自然体。)

posted by jsj at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | よりどころ
この記事へのコメント
坊やちゃんのモコモコあし。食いつきたいです。
ニャンちゃんもぬいぐるみちゃんも、ママちゃんも
自然体で「おやすみなさ〜い」

最近の私寝つきがよくなり、うれしいです。
春眠暁を覚えずの通り、暁にもよく寝ます。
まだ育つ?
Posted by うめぼしカルメン at 2007年03月21日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487287

この記事へのトラックバック