2007年03月29日

法事とは

祖母の一周忌法要と先代のご法事を

お勤めするべく京都西本願寺へ

梅や桃、さくらなど色とりどりの花が

町中を春色に染め上げていました。

全国からお集まりくださった親族と

ご本山で共にお念仏させて頂ける

慶びひとしおの法要になりました。

ご法話は稲城選恵和上さま。

いつも通り辛口。

『ご法事は、読んで字のごとく

今生きているものが

「仏法」に遇わせていただく行事じゃ。

それこそが亡き方が永遠に

生かされることであり

「あなたの死を無駄にしない」という

遺された万人に通じる

最良の道につながっているんじゃよ』

様々な思いを頂戴し、帰宅し

ホット一息つく間もなく

070329004_2 お通夜と枕経が

待ち受けておりました。

生きることと死ぬことは

待った無しです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487296

この記事へのトラックバック