2007年06月02日

さびしいとき

わたしが さびしいときに070602034_5

 よその人は知らないの

わたしが さびしいときに

 お友だちは わらうの

わたしが さびしいときに

 お母さんはやさしいの

わたしが さびしいときに

 ほとけ様は さびしいの

(金子みすず さびしいとき)

今日の子ども会の法話で

この詩をお聞かせいただきました。

わたしの生命になりきり

添い遂げてくださる阿弥陀さま

ということは

 わたしが うれしいとき

  阿弥陀様は うれしいの

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

新しいスタッフを迎え

070602010_1ますます元気な

子ども会に

生きる力を

頂くこと大なり。

【お聞かせいただくの最新記事】
posted by jsj at 08:10| Comment(1) | TrackBack(0) | お聞かせいただく
この記事へのコメント
タイサンボクの花のですね。
私も昨日、孫の高校の庭の隅で見ました。

つやつやの分厚い緑濃い葉の先に咲いていましたが、ちょっと盛りを過ぎて、茶色の花になりかかっていました。

写真の花は、真っ白…きれいです。
花は季節を忘れませんね。
Posted by うめぼしカルメン at 2007年06月03日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487361

この記事へのトラックバック