2007年06月03日

迎えるこころ

法務慌ただしき週末。

ご法事が終わり別れ際に

「次の法事は、間に合わん。」と

同じ言葉を仰られたご家庭が数軒。

重たいお言葉に秘められた感慨。

様々な事を振り返りながら

今日のご法事をお迎えされたからこそ

あふれでた一言に違いない。

『ご安心ください。

次回のご法縁は勿論楽しみですが、

いつ娑婆の縁が尽きても

「すでに間に合っている」ことを

聞かせていただく営みが今日

お勤め下さったご法事なのですから。

もう大丈夫ですよ。』

と出かかった言葉を呑みこみ

「そんな寂しいこと言わずに

次まで元気に過ごしてくださいね。」と

世間話でお別れしたことが、

少々悔やまれます。

070602035_1生きることと死ぬこと。

ごまかしは、ききません。

だからこそ

だからこそ

posted by jsj at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お参り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487362

この記事へのトラックバック