2007年06月06日

タイヤ?

「タイヤとは?」Tire_2  

ご参詣の方からご質問。

(有難うございます<(_ _)>

関西で馴染み深いお言葉。

「逮夜」と書いてタイヤ。

「逮捕の逮(たい)ですよね。

それって?それって???」

ご法事に於いて

「逮夜」という名の由来は。

逮夜の逮は、「およぶ」と

いう意味があります。

(よって「逮捕」の場合、捕らえるに及ぶ。)

さて、かつての厳密な法要の始まりは

逮夜法要からです。

その日に及ぶ夕刻(のぞむ)から、

当日の日中法要で終了しました。

24時間を6分割した表を添付しておきます。

その為、ご命日前日の午後4時

「逮夜(日没法要)」より開始して

初夜(午後8時)。Photo_6 

中夜(深夜0時)。

後夜(午前4時)。

晨朝(朝 8時)。

日中(正午)

と六度もの法要を丁寧に

お勤めしたようです。(一昼夜の場合)

大きな法要では、一週間や

一年費やすものもあります。

寝る暇など勿論ありません。

その為、古いご家庭では現在も

ご命日の前日にお参りさせて頂く家が

ございます。

さらに過去帳にもご命日の前日に

記載することすらあります。

その言葉が関西に残り、

月忌参りを「お逮夜(たいや)」と

呼んでいるんですね。

posted by jsj at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お聞かせいただく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487365

この記事へのトラックバック