2007年06月29日

声は すれども

静まり返った未明をうちやぶる声。

「ジィ〜 ジ ジ」

今夏初啼きの夜蝉かと。

地上に出たての不慣れな声がかえって、

短き命を燃やしつくさんと言う響きとなり

我が心を揺さぶる。

「うかうかと寝ている場合ではないぞ。

あとわずか あとわずか

間に合ったか?」Cimg1049_1

と夜蝉より尋ねられ

「平生業成。」

お念仏の声を聞く。

【お聞かせいただくの最新記事】
posted by jsj at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お聞かせいただく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487388

この記事へのトラックバック