2007年07月10日

聴聞の心得

聴聞の心得

『この度のこのご縁は 初事と思うべし

この度のこのご縁は 我一人の為と思うべし

この度のこのご縁は 今生最後と思うべし』

お寺によっては、ご法座が始まる前に

参詣者と唱和されるところもあります。

仏法を聞かせていただく時の心得を

示されたこのお言葉。

どなたが作られたかは存じませんが、

たとえ仏法に疎遠な方であっても

人生全てに当てはまる珠玉のMiti2

言葉としても頷かされます。

この言葉に何かを感じ

頷かされるということは

わかっていながらそれが出来かねる

であることを知らされている証拠。

なればこそ、嗜んで行こうという指標に

他ありません。

Miti3「いま ここ わたし」 

仏様に抱かれていながら

空しい時を過ごす事は

勿体無い事です。

posted by jsj at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お聞かせいただく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487399

この記事へのトラックバック