2007年04月22日

お墓のこと2

昨日に引き続き、お墓について記します。

お墓を建立する目的は、

亡くなった方のお骨を納める為です。

誰が為の場所?

亡くなった方を偲ぶ縁(よすが)と

することから、子孫や縁者の方といえます。

目的と対象が別なわけです。

しかし、お墓を別の目的を叶える為の

手段(道具?)として受け取られている

方が時折見受けられます。

墓相などは、その際たるものです。

実際にその手の本を10冊ほど読まれたら

墓所の建碑は、不可能になりますが・・・・。

人は、だれしも幸せに暮らす事を

望んでおりますし、子孫が賜りし生命を

大切に生きていくことをご先祖様も

望まれていることでしょう。

さらに私以上に私のことを見抜かれた上で

その私を常にご心配くださり

幸せになってくれよと願い続けてくださって

いるお方が阿弥陀さまです。

そのお心をいただき慶ばれたご先祖さまの

生きた証であるお骨を埋めたお墓においても

その阿弥陀さまのお心を頂戴していく為に

墓石の表書きを

「南無阿弥陀仏」や「倶会一処」に

するのです。

「わしゃお墓の下には おらんぞ」と

お念仏を慶ばれた妙好人さまが

亡くなる前におっしゃったそうです。

お念仏者にとって、人としての命終は、

お浄土で仏さまの命を頂戴することです。

死して終わりの人生でなく、必ず再び

お会いすることが約束されているのです。

Cimg2607このようなお心を

大切に受けとり

建立された墓所は

自ずとシンプルなものに

落ち着きます。

あまりこだわりすぎると

受け継ぐ子孫も困惑してしまいます。

 みなひとの 別れゆく日は 異なれど

   ふたたび会わん 弥陀の浄土で

            (大江 淳誠和上)

2007年03月29日

法事とは

祖母の一周忌法要と先代のご法事を

お勤めするべく京都西本願寺へ

梅や桃、さくらなど色とりどりの花が

町中を春色に染め上げていました。

全国からお集まりくださった親族と

ご本山で共にお念仏させて頂ける

慶びひとしおの法要になりました。

ご法話は稲城選恵和上さま。

いつも通り辛口。

『ご法事は、読んで字のごとく

今生きているものが

「仏法」に遇わせていただく行事じゃ。

それこそが亡き方が永遠に

生かされることであり

「あなたの死を無駄にしない」という

遺された万人に通じる

最良の道につながっているんじゃよ』

様々な思いを頂戴し、帰宅し

ホット一息つく間もなく

070329004_2 お通夜と枕経が

待ち受けておりました。

生きることと死ぬことは

待った無しです。

2007年03月28日

視点

突然ですが。。。

・出来上がった集合写真で

一番最初に見る人物は?

・運動会で応援する相手は?

・高校野球で応援する学校は?

・宝くじ当選番号確認中の動き?

・新しい電話帳が届いた時、

初めに確認する番号は?

・葬儀で涙する相手は?

答えは、「私」の都合に直接

関係していることばかりなり。

どれもこれも、みんな自分中心。

私に関係ないことは、しらんぷり。

とらわれっぱなし。

こだわりっぱなし。

かたよりっぱなし。

智恵の眼(まなこ)をもてない私。

それを見抜かれ

Cimg2417_1お慈悲の心から

私を相手取るのでなく

お救いの目当てと

してくださっているお方。

南無阿弥陀仏

お恥ずかしゅうございます。

そんな心のままに、明日は

京都西本願寺へ法要の為、上山。