2007年03月27日

かくて日は暮れゆく

Saru_2カレンダーを見て慌てる。。

月末の事務作業に従事。

年度末が重なり、

なんだか落ち着きが

無い寺務所。

もう一つの理由は

春休み中の息子が在宅。

なにやら寺務所の机に向かい

真剣な顔でPCをいじっている事。

宿題も無い春休みなのに関心関心。

モニターを覗くと・・・

ゲームでした。。。

子どもは、外で遊ばんかい!と

思う心を沈め、にこやかに微笑む。

(近頃の子どもは、デリケートらしい)

寺務所に、キーボードや電卓、

マウスのクリック音がカチャカチャと

響く音は、心癒される音とはいえず

お寺らしからぬ風景に興ざめてしまいました。

そんなことを言っている暇があるのなら

さっさと仕事を終わらせてしまえば

いいのでしょうが、

雨降りのひんやりとした静けさに

Cimg02434_6つい別世界へ

引き込まれて

しまいます。

「集中力」ゼロ。。。。。。

2007年03月14日

交通安全

Cimg02377_1

と 

麗かな春の陽気にうっとり。。。。

結果

Cimg2375_2×

×

×

××××××××

器用にアンテナと天井だけを擦って

帰院した職員。。。。

「お土産は 無事故でいいの

    おとうさん 」

随分昔に聞いた交通安全の標語が

頭をよぎる。。。

怒りをおさえ、

「怪我は、なかった?」と

やさしくたしなめました。。。。

さて、浄土真宗(仏教)では、

「おまもり」や「祈願」を必要とはしません。

(願う心を否定しているわけでもありません)

@ 因果の道理に反すること。

A 人間の願いは、突き詰めたところ

   偏っていること(欲と執着)

そこで、交通安全に有効な方法。

車には最愛の人の写真を

ぶら下げておいたら良い。

と教えてくださった方がありました。

あなたなら、誰の写真をぶらさげますか?

私は勿論・・・・・。

2007年03月13日

まどろみ

Cimg2374_1今日も寒い一日。

なぜか夜中に

目が覚め、

あれこれと

思案しているうちに夜が明けてしまいました。

2日ぶりの新聞に目を通しても、嬉しい記事は

少なく、なかなか体が温まりません。

なにか楽しいことは無いかと頭をひねる。。。

思い浮かぶどれもが

「朝っぱらから・・・・。」という事ばかり

(内容は、ご想像におまかせいたします。)

結局、約束の時間が来てしまい、

とうとう空想だけで終わってしまいました。

「幸せは どこか そこらにあるようで

   探し当てずに 髪白うなる」

            (詠み人しらず)

空想の空は、空っぽの空。

親鸞様がお示しくださった

「本願力ニ アヒヌレバ

  空シクスグル ヒトゾナキ」という

お言葉がグサリと胸に突き刺さりました。