2006年12月09日

故郷

報恩講のために故郷へ

優しく 時として厳しく

お育てをいただいた故郷へ

頬を伝う冷たい西風さえも

愛おしく なつかしい

皺くちゃになった近所のおばあさん

ヤンチャをしてよく叱られました

お御堂で一緒に

お念仏させていただいたとき

胸がじわっとあたたかくなりました。

posted by jsj at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | やわらかな心

2006年10月04日

言の葉

普段お会いする機会がめったに無い方と

会話することが多い、嬉しい一日でした。

Cimg1165_2  その為、声はガラガラ。

 しゃべり続け

 聞き続け、

 嬉しいお言葉を

 たくさん頂戴いたしました。

叱られるより、褒められたいのが

生きているもの全ての気持ち。

それは大人になっても全く変わらず。

嘘でもお上手を言われたい。

(嘘はいけませんが)

図星でも直球の言葉は受け取れない。

たった一言に生かされ、

たった一言で傷つけられる。

揚がったり降がったりする、

私の姿をはっきりと見せていただいた。

優しさに出会い、そのお心に気付かされたら

Cimg1089 優しい言葉の

 おすそ分けを

 させていただかねば、

 勿体無いことだと

改めて感じました。

posted by jsj at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | やわらかな心

2006年09月08日

月眺める人

葬儀が重なり田原本と法隆寺を

往復すること数回。

ドラえもんがいれば・・・・。と

アクセルを踏む力を制御しつつ

赤信号に毒を吐いておりました。

さて、今日は満月&月食。

ご覧になられましたか?

私、残念ながら曇天と眠さに負け

せっかくの天体ショーを

見逃してしまいました。

Tukiusagi次回の月食は

来年3月

ですが

朝6:30から

欠けはじめる為

見ることは

出来ない様です。

月影の いたらぬ里は無けれども

眺むるひとの 心にぞ住む

              法然上人

posted by jsj at 16:48| Comment(4) | TrackBack(0) | やわらかな心