2006年07月16日

神社仏閣 詣

         Senpuki03s1         台風の影響のためか、暑さを吹き飛ばす

風が吹いています。

昨晩は、突然の雨に見舞われ散々な目にあいました。

今日は夜になったら、こっそり?

お祭りを楽しんでこようと思っています。

別に悪いことをしに行くわけではありませんが、

鳥居をくぐるのはなんとなく気が引けます。

それは

御伝鈔という親鸞聖人の御伝記のなかに、平太郎という方が熊野詣の

相談をされる場面があります。

私が他の神社仏閣を訪ねるときは決まってそのシーンが

呼び起こされて来るからなのです。

「他宗派にお参りしてはいけない。」ということでなく

私の根っこ(立たされているところ)は何処か。

ということが確かなものでない限り、

鰯の頭すら拝んでしまう弱さが、人にはあるということなのです。

確信というような硬い心でなく「これに拠るより他無い私に気付かされ」

「これ一つで大丈夫」という安心を頂戴したとき

他に傾倒する必要が全く無くなることをCimg0068

お聞かせいただいております。

ということで、物見遊山してきます。。。。。

posted by jsj at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんまもん

2006年06月13日

寝不足日本列島再来

寝不足日本列島再来。 (関西視聴率44%)

すっきりしない朝を向え、眠い眼をこすりながらお参りさせていただきました。

選手の皆さんが精一杯死闘を尽くしたことが判っていても、溜息が漏れでます。

勝利への道は、負けを研究することに尽きる。という言葉を聞いた事があります。

平素のたゆまぬ努力+資質etc.

勝負の世界はある意味冷酷です。勝ちか負けかの真剣勝負。

しかもプロ選手であれば、結果が家族を含め人生を左右することになります。

戦っているのは紛れも無く選手(監督・サポーター含)であって、

勝利の神さま同士が力比べをしているのではありません。

日本が負けたから悔し紛れに書いたのでははありませんが、

次の試合は如何なりますことやら、サッカーファンでない私もどきどきしています。

posted by jsj at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんまもん

2006年05月29日

チャイルドパワー

昨日は子ども会のメンバーが京都の龍谷大学で

降誕会記念行事に参加し、大暴れ?してきました。

低学年・幼児が多かったために引率の先生がたは、

ふらふらになっていましたが事故無く無事帰院致しました。

小さいうちに真の教えに出会っていただけることは

尊く有難いことです。

知・徳・体のバランスのとれた生活はなかなか送りづらい昨今ですが、

子どもたちに提供し続ける努力は惜しんではならないと思います。

お寺にきたから急に賢くなる訳ではありませんし、おりこうになるわけでも

ありません。

がそれぞれの命にかけられた願いをじわっと体感

してもらえたら嬉しく思います。

posted by jsj at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんまもん