2005年12月26日

悲しい事件

日本のみならず、世界中が騒がしくなっています。
年末というだけでは、説明のつかない悲惨な事故や
事件の頻発に心のやり場を失いかけています。
しかしこれらのことを第三者的に傍観するのか、
我事として受け取れるかが
私自身の未来を大きく左右することだと思います。

posted by jsj at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 憂い