2007年06月22日

布教大会

全国布教同志会奈良支部主催

「第10回 布教大会」が開催されました。

Cimg3032_1僧俗合わせて

164名のお方が

ご参集下さり、

朝9時半の開会式から

午後3時半まで、とっぷりと

お聴聞させていただきました。

8名のご講師が30分ずつ交代で

「聞くところを慶び 獲る所を嘆ずるなり」

という総序のご文をご法題に

それぞれのお味わいをお話くださいました。

終日のお聴聞。

「お聴聞はカドを聞け」と

お聞かせいただきながら

つい雑談の方に心奪われている私。

今後も生命ある限り、仏法聴聞を心がけて

皆様と共にお浄土への道を歩ませて

いただきたく思いました。

この度のご法座を主催くださった

全国布教同志会のみなさま

お世話くださった

浄照寺仏教婦人会の皆様

関係各位

そして、雨の中お聴聞にお越しくださった

皆様にお礼申し上げます。<(_ _)>

posted by jsj at 17:30| Comment(3) | TrackBack(0) | お寺では

2007年06月20日

楽しみ

「お話を聞く事が070618019_2

楽しくなってきました。」

と、本日満中陰を

お迎えになられた

喪主様が、

にこやかに仰った。

毎週の中陰にご家族お揃いで

お寺に通われ、真剣に求道聞法を

重ねてこられました。

先週には、喪主の妹さんが帰り際

「 あースッキリした! 」と一言、

心和らぐお言葉を聞かせていただき

こちらもスッキリ。 (^^♪

仏さまのお心に触れた方々と

共有する時間は

柔らかで温かいものです。

仏法聴聞は止むことなく一生涯続きますが

その道は、Miti_1

お浄土へ繋がる

尊い道です。

posted by jsj at 20:09| Comment(1) | TrackBack(0) | お寺では

2007年06月17日

橘窓忌終了

前々住職祥月法座

「橘窓忌」(きっそうき)をお勤めしました。

田植えも佳境に入った日曜日開催に

参詣者の人数が気になりましたが、

開式15分前。

婦人会の皆様がCimg2970_3

丹精込めて

育ててくださった

美しい花に迎えられ

続々とご参集くださいました。

お浄土の余り風と思しきさわやかな風を受け

清清しいお正信偈のお勤め。

ご法話は、本願寺勧学 梯實圓和上様。

歎異抄第9条をご法題に

「え!もう死ななあかんの?という

振り返れば、あっという間の人生。

これ一つで生きていける、死んでいける

という人生全ての解決が

お念仏によって約束されています。

人生の色々な苦しみや悲しみに苛まれても、

それを乗り越えていく道があると味わえます。

また、この法に出遇ったからといって、

今煩悩が無くなるわけではありませんが

あまり相手にしないことです。

それよりも大切なことは

『間違いなくお浄土に生まれる私』

ということ。

これだけは、はっきりしています。」

と慈愛に満ちた優しいお言葉の中に

はっきりと道をお示しくださいました。

尊いご法縁を賜った一日。

Cimg2921_4遠近各地より

ご参詣くださいまして

誠に有難うございました。

<(_ _)>

posted by jsj at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | お寺では