2007年06月12日

結実

大きな梅の実がなりました。

樹齢はわかりませんが、

Cimg2897_1昨年お浄土に参った祖母が

毎年激辛の梅干を

漬けてくれていた

大切な梅の木。

先日から坊守が、シロップにしようか

梅酒にしようかと思案しているようですが

いずれにせよ、下ごしらえと

道具を整えることが先決のような

気がしてなりません。。。。

あまり期待せず

Cimg2900_1首を長くして

待つことに

いたしましょう。

posted by jsj at 16:18| Comment(3) | TrackBack(0) | お寺では

2007年05月30日

ようやく

Cimg2862_1太鼓楼門の

修復終了。

約二ヶ月間、

皆様には、

ご不便を

おかけいたしました。

<(_ _)>

怪我の功名ではありませんが、

真っ白な白壁が輝きを放ち

以前より良くなったかも知れません。

昨晩からの大雨に、壁は乾くのか?

とつい、素人考えが頭をよぎります。

これまでに当て逃げされること数回。

監視カメラを付けたほうが良いのか

思案のしどころです。

事故は、避けようもありませんが

一言仰ってくだされば、そんな心配は

無用なのです。。。。

posted by jsj at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺では

2007年05月25日

団体参拝

大雨の中、京都宇治市より

「歴史探訪の会」の皆様がご来院。

秦楽寺〜浄照寺〜弥生ミュージアム

〜唐古遺跡。

弥生時代から近世までの探訪の旅。

約束の時間を大幅にオーバーして

ご案内させていただきました。

坊守曰く

「あなたがしゃべる時は、事前に

無制限と言っておかなければ

ご迷惑がかかります」だと。。。。

だって、伝えたいことがありすぎて・・。

「今度はゆっくり来て下さい」と

皆様を見送りながらお願いいたしました。

またのご来院お待ちしております。

<(_ _)>

posted by jsj at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺では