2006年10月06日

月夜のざわめき鎮め

近頃会う人会う人に

「ふっくらしてきたね〜」と言われます。

食欲の秋そのまんま、呑む物・食べる物が

美味しすぎて、どうも需要と供給の

バランスが崩れているようです。 (^_^;)

十五夜の本日。

赤十字センターより再依頼があり

法務の手を止め大和郡山筒井へ。

K_room_j_1

先回のパターンと同じく「HLA」による

マッチングでした。

太い針を3回・・・・。(サービス?)

約1時間程、ドラマの再放送を見ながら、ウトウト。

献血後、ジュースを頂きながら休息していると、

一匹の蚊がふらふらと近づいてきました。

出血大サービス。

本日二度目の献血と相成りました。

合計4箇所の刺し傷をポリポリ。

少しはダイエットになったでしょうか。

月夜のざわめく心を静めるひと時を

頂戴したはずなのですが、

お月様をながめながら供給過多に

陥ること必至・・・・。

posted by jsj at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気

2006年08月16日

献血

早朝、赤十字血液センターから

「私の血液がすぐに必要」との連絡がありました。

一段落したとはいえ、まだお盆中の状況に若干躊躇したものの

少し時間を頂戴し、血液センターで成分献血をしてまいりました。

Cimg0107私の血液型は、ごく一般的なものですから

「なぜ私?」と不思議に思っておりました。

世間で知られた血液型は、赤血球の型(ABO)と

Rh式の組み合わせの8種類ですが、他にも分類方法は

沢山あるようです。

因みにRh式のRhは、アカゲザル(Rhesus Monkey)の頭文字で、 Saru22_1

人の血液にアカゲサルの血液を混ぜ、固まれば「Rh-」、

固まらなければ「Rh+」という分類方法のようです。

今回の要請は「HLA (Human Leukocyte Antigen ヒト白血球抗原)

呼ばれる分類方法によりマッチングされたものだったのです。

私自身の型は教えてもらえませんでしたが、型の一致は

500人〜数万人に一人というものだそうです。

自分のことでありながら、未知なことが沢山あるのだなーと妙に関心。

献血中のベッドでは、看護師さんやコーディネーターさんに色々な質問を

投げかけましたが、どれも懇切丁寧にご回答くださいました。

ともあれ、こんな私でも少しばかりお役に立てることがお恥ずかしいと

頭をかきつつ、帰りに頂いた美味しいジュースの余韻に浸っています。

posted by jsj at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気

2006年01月06日

せり なずな

明日は、七草粥

野菜が少ない季節に、年末年始で弱った胃腸を
整える為定着した行事だそうだ。

胃腸だけでなく、たるんだ下腹と、精神を整えないと
正月気分のまま、1月が去って行くような気がします。

posted by jsj at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・病気