2006年11月14日

仏教講演会

仏教講演会をお勤めさせて頂きました。

寺族婦人会・仏教婦人会の研修会が併修され

普段お越しいただけない方のお参りが多く、

賑々しいご法座となりました。

本日のご法話は

「仏説阿弥陀経」の序論を中心に

「仏教は生きている」ことをお話くださいました。

「仏教に生きていますか?」という

かくも厳しい問いかけに、頭が下がりっぱなしの

Kiku2お聴聞となりました

 (^^ゞ

今年のご法座も

残すところ後一回。

大切にお迎えさせて

頂きたく思います。

posted by jsj at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お聞かせいただく

2006年10月13日

菊花開

いくたびか お手間かかりし 菊のはな

              (加賀の千代女)

来週17日(火)の法要に向けて

皆様が精一杯準備を進めて下さっています。

浄土真宗は、「聞く一つ」

それだけではなく

仏法は「聞く一つ」

聞きに来てくださいませ。

大きくても小さくてもいい、

聞きに来て、出遇っていただき

きくの花をさかせましょう。

posted by jsj at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お聞かせいただく

2006年09月30日

報恩講 永代経

Cimg1105 隣町のお寺で

 「永代経・報恩講」

 がお勤まりになりました。

 お聴聞させていただいた

 内容を少し

 記させて頂きます。

私にとって本当に大切なものは

・変わらない

・価値のつけようが無い(お金で買えない)

と言いあらわせます。

しかし私たちが普段大切にしていることは、

実は寄り添わず、しかも変わり行くものこそが

大切なものと履き違え、

(お金・家・健康などなど。)

さらにそれらを我が物としようと掴みにかかり

それから逃れられなくなってしまいます。

まさに、迷いの種を自ら蒔き育てて

挙句の果てに、それに縛られている私。

どんな事があっても変わることの無いもの。

それは私に寄り添っていてくださる

仏さまのお心をおいて他ありません。

そのお心に支えられながら

伸びやかに生命をいただいてゆく。

今日も尊いお法をお聞かせいただきました。

なんまんだぶ なんまんだぶ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

法話 「包まれて」 UPいたしました。

ご一読くださいませ。

posted by jsj at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お聞かせいただく