2007年05月21日

降誕会 (ごうたんえ)へ

今日は、親鸞聖人のお誕生日、

「降誕会」(ごうたんえ)です。

西本願寺へ参拝させていただきました。

お寺の用事を済ませ、到着した頃すでに、

Cimg2811_1総御堂は

参詣者があふれ

境内からの

参拝となりました。

お日中法要に続き

奉讃音楽法要が関係学校の生徒の

コーラスにより華やかにお勤まりになり、

Cimg2829_2続いて、雅楽献納会。

124名の楽人様が

奏でられる美しい調べは

お浄土をまどかに

味わわせて下さいました。

本日の楽曲は平調の

「五常楽急」と「鶏徳」。

新門さまご同席の、尊い時間。

平行して、京三名閣の一つ

「飛雲閣」(ひうんかく)では

藪内流お手前によるお抹茶のご接待、

Cimg2824_1書院南能舞台では

京都観世会による

祝賀能が開催されました。

番組は、巴(ともえ)

・鳴子遣子(なるこやるこ)

・天鼓(てんこ)

さわやかな天候に恵まれ

Cimg2814_1 聖人のご誕生を

全国からお越しの

ご門徒様とお祝い

させていただき

心晴れ晴れ。

posted by jsj at 21:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ありがとう

2007年05月13日

母の日に想う

母の日にFhaka

 花を供えて 

       ありがとう

受けとってくださる方が

いるから出来る事だと

気づいた時では遅すぎます。

Fboyあまりにも近い存在過ぎて

素直にお礼ができないときは

一輪の花に思いを込めて

送らせていただこう。

「ありがとう」という

床しい言葉は

人として生命を頂くことが

稀有なこと。

そして、限り有る

はかない生命でありながら

今こうして生かされていることは、

「有ること難し」と

お経に示された事に由来します。

そして、その私が仏さまのお心に

出遇わせて頂き、

限りなき生命を賜り、

やすらかな日暮しを送るご縁を

Fgirl_1直接して

くださった。

そのお方こそ

父母なのです。

posted by jsj at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ありがとう

2007年05月12日

感激の一日

ご法事多き週末。

ご法話の後、お参りくださった方が

「安心しました。」と一言。

そのお心こそ仏さまの喜びです。

念仏一味の世界を共に味あわせて頂いた。

Cimg1419_1午後からは

本堂にて子ども会。

連休明けで参加人数が

気になるところ。

続々とあつまり

本堂は運動場のようでした。

今日は、学期始め恒例となった

Cimg1402「内陣ツアー」

普段は入ることを

禁止していますが

この日ばかりは、

じっくりと見学が出来ます。

仏さまのお姿を拝し、子どもたちは

興味津々の様子でした。

本堂内の動物(霊獣)を探したりするなか

新しい発見が沢山ありました。

また、嬉しい事に今年大学に入学したての

子ども会スタッフの一人が

恩師のご子息でした。

赤ちゃんの時に会って以来

まさか、ここで会おうとは。。。。。

Cimg2746_1平行して、境内では

婦人会の皆様が、

花苗を植えて

くださいました。

Cimg2749_1約100株の苗が

美しく配置され

満開の花を咲かせる

準備が整いました。

今既にうつくしい・・・・・。

さらに九州から有難いメールを頂き、

北海道にお住まいの方から

温かいお電話を頂きました。

お陰さまで、とっぷりとお法に身を漬し

尊い一日を過ごさせていただきました。

Cimg2754_1阿弥陀さまは、

時空を超えて

休むことなく

今ここの私に

はたらいてくださっています。

posted by jsj at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ありがとう